2017年12月15日金曜日

ブレードランナー 2049



先日、終了寸前のブレードランナー2049をようやく見てきました。







3時間ものの大作ということで、始まる前にしっかり出すモノは出し、上映に臨みました()

3時間、あっという間で、途中トイレに立つことなく無事見ていることができましたが、

終わってもなんだかスッキリしない感じが残りました。

なんなんだこれは?

と思って色々考えてみました。

一つには、35年前のブレードランナーが、

レプリカント(人造人間)を狩る方の人間の立場から作られていたため、それなりに痛快感があったように思うのですが、

今回はレプリカントを狩るのもレプリカントで、最後まであまり救いがなかったという点なのかなと思います。

あと、やたらと冗長な感じを多く受けました。

この場面、そんなに引っ張らなくてもいいでしょ、、と感じるシーンが多かったです。


前作主人公だったハリソン・フォード今回も登場しました。

35年たってもかっこいい!

彼が一人で写っていても画面が持つ、そんな渋みと深みのあるいい役者さんだなぁ~

と改めて見てて思いました。

ですがこちらも今回は追われる立場、、、ストーリーが全体的に重く、スッキリしない映画でした。


SFは当たり外れが大きいジャンルですが、それでも私はSFが好きです。

新しい世界観が提示されて、ワクワクドキドキするのもあるのですが、

色々と本質的なことを考えさせられることが多いからかな~とも思います。

いまAIが巷で話題になっていますが、

何十年か前にSFの世界で起きていたことが現実になろうとしている今、

参考になる点が多いように思います。

アシモフのロボット三原則だとか、AIが進んでいったときにどのような事態が予想されうるのだとか、、。

そういった意味でSFは大切だと思います。結局、未来を作って行くのは人間の心です。

SFが提示する未来像というのは、その未来を作って行く人間の心に少なからぬ影響を与えていると思います。

なので、自分は時代を画するようなSF作品というのは意識して見るようにしています。

いずれ考えておかなければいけないテーマのようなものがあったりしますからね。。

なんて、単にエンターテイメントとして楽しいというのが大部分なのですが、、。


SFといえば、いまNHK 100分で名著で、初のSF小説がとりあげられています。

ポーランドの作家が書いたソラリスというSFの原点といわれる名作です。

こちらも壮大な世界観とともに、人間ってなんなんだろうか、、という哲学的な問いを突き付けられます。

代表作として、他に砂漠の惑星という作品が紹介されており、

え、もしかして私の好きな

デューン砂の惑星』のことか?

と思ったのですが、調べてみるとこれとは違う作品のようでした。。

100分で名著、次がまだ第二回ですが、楽しみであります。


ブレードランナー2049の本編が始まる前の映画の予告では、

来年の夏だったかに上映予定のスピルバーグの最新作が流れていました。





バーチャルの世界の中で起こる話のようで、

なんとガンダム〔RX-78やら、アキラで出てきたバイクだとかも登場するということで、


いまから興奮してしまいます。

こういったストーリーを奔放に発想して映画にしてしまうスピルバークというお方は、

本当に凄いなぁ~、天才だなぁと思ってしまいます。


年を感じさせない、若さがはじけています。


結局、人間の限界って、かなりの部分本人が規定してしまっているのだろうな~、、、


なんて思わされます。(12/18で71歳!)


最後に、日本のマンガ、銃夢が実写化されるという話があります。






私は最初の全9巻のマンガしか読んでいないのですが、調べてみるとさらに続きがでているようで、

この冬休みにでも、また最初から通しで読んで、続編の方もフォローしておこうかなと思っています。


いやー、やることいっぱい、楽しいこといっぱい、いいね~、、。


まずは週末のスターウォーズ新作!

(本日よる9時から、前作フォースの覚醒、地上波初放送やります!)

いろいろ書きましたが、


( ^_-)  SF最高!

という話でした。


おしまい


  

2017年12月11日月曜日

いよいよ今週スターウォーズ!



今週の金曜、12/15(金)からスターウォーズ エピソード8が公開となります。




前作が主人公レイがルークと出会うシーンで終わってますが、

そこからどのようにストーリーが展開していくのか、とても楽しみであります。

すでにネットで今週末のチケット確保済です(笑)。


このスターウォーズ公開に合わせて、先週の土曜の『世界ふしぎ発見』では、




と題して、スターウォーズの撮影現場の特集がされていました。

やるな~、、。


私はずっと、レイとルークが出会うあの名シーンの島はどこなんだろうと思っていました。







地形や植生から、北大西洋の方の島なんじゃないかな、、

と思っていたのですが、なんとその通り、

アイルランドのスケリッグ・マイケル島という島らしいです。





行ってみて~、、。世界遺産らしいです。


番組では島に上陸する予定だったようですが、悪天候のため上陸できませんでした。。

天気による船の出航率が30%ということですから、なかなか渡るのは難しそうですね。


見逃した方、動画があるのでぜひチェック






あー、早く週末こないかな~、、




2017年12月7日木曜日

音楽の力~映画 パーソナル・ソング



いま見てみたいと思っている映画があります↓





アルツハイマーの患者に音楽を聞かせることで劇的な変化が起こることをまとめた

2014年公開のアメリカのドキュメント映画です。

それまでボーっとしていた患者さんが急に生き生きと語り出したりする場面が予告で流れていました。





すげぇーなー、音楽の力って、、。

ぜひ見てみたいとツタヤに行ったのですが、置いてなく、

店内の端末で検索してリクエストしようと思ったのですが、それにもヒットしないんです。。

どうしよかなー、、

と思っていたのですが、いまこれを書くのにユーチューブを見ていたら、

ユーチューブムービーというのがあり300円払えばユーチューブで見れるようです。

便利な時代になりましたね、、。


休みの日にでも見てみようと思います。


おしまい





2017年12月6日水曜日

戦場の指揮者~柳澤寿男さん



先日のNHKスイッチインタビューで、米米CLUBの石井竜也さん柳澤寿男さんという方が対談していました。








私は柳澤さんという方は知らなかったのですが、世界的な指揮者で、コソボの楽団で指揮をとっている方だそうです。

コソボというのは、ご存じのとおり、旧ユーゴスラビアで、民族の対立から内戦をしていたところです。

その内戦の終わった直後のコソボで、柳澤さんは、対立していた各民族から成るオーケストラを作り指揮をとっていたのだそうです。

対談の中のエピソードで、ある楽団員から、

もしこれから戦争になったら自分は楽器を置いて銃をとって戦いに行く

といわれたのだそうです。

その時、柳沢氏は何もいえなかったのだそうです。しかし時間がたったある時、その楽団員から、あのときはすまなかったと謝られたそうです。

それぞれの民族が一つの音楽を作って行く過程を通じて、銃より楽器の方が大事だと気付いたのだそうです。

柳澤さんが最初に、

いや銃をとってもなんの解決にもならないよ、、

などといっても恐らく本人には響かなかったが、

一緒に音楽を作って行く過程で音楽の力に気付いたのではないかということでした。


音楽は言葉を越えるという表現がありますが、まさに音楽が対立を越えて人をひとつにする力って凄いなぁと思いました。

それを内紛でつい数年前まで殺し合いをしていたコソボの地で実現してしまうというのは、まことにスゴイとしかいいようがありません。

柳澤さんは音楽を通じて平和が実現できればとおっしゃっていました。

ある時、川一つ隔てて一方はアルバニア系住民の地区、もう一方はセルビア系住民が住む地区があり、

つい数年前まで川を挟んで銃を打ち合っていた地区があるのですが、

その橋を渡った両方の地区で、柳沢さんのオーケストラが演奏を行ったのです。

しかしそれには条件があり、3日前までそれを発表しない(爆弾を事前に仕掛けられる恐れがあるから)、

チラシはどの言語が最初にきてもいけない、英語だったら英語だけでつくること、

演奏中は、建物の内外に警官や軍を警備にあてること、などなど諸々の制約がついたそうです。

そんな中、両方の地区での演奏は大成功におわり、民族融和のひとつの象徴になったのだそうです。


そんなエピソードが話されていたなかで、石井竜也氏が、

楽器って武器なんだよね、

と語っていたのが印象的でした。

作家にとってはペンが、画家にとっては筆が、そして音楽家にとっては楽器が武器なんだね、、と語っていました。

人への影響を考えると、本当に楽器は銃に相当するほどの力をもっているのかもしれない、、と感じました。

武器は、人を傷つけ、対立させることもできますが、逆に対立を終わらせ、人を結び付ける平和の手段に使うこともできます。これは楽器も同じなのかもしれません。

楽器を弾くということは、もしかしたらそれぐらいの覚悟をもって弾く必要があるのかもしれない、、と感じました。


私は柳沢さんという方は知らなかったのですが、世界の尊敬できる人物100人にも選ばれているということで、

今後の活動に注目していきたいと思います。


こちらの番組、再放送が次の金曜の深夜にあるので、興味のある方はぜひぜひ見てみて下さい。




ホント、とてもよかったです。


おしまい


↓ HPより解説

米米クラブのボーカルでありソロアーティストとしても活躍する石井竜也と、紛争地帯だったコソボで指揮者として活動している柳澤寿男がトーク。

激しい紛争が続いたコソボ。柳澤はここで、対立していた民族が共に演奏する「バルカン室内管弦楽団」を作り、国際的に評価されている。

そんな柳澤が大ファンで、心の支えとしていたのが、石井が作る音楽だった。

映像、美術、音楽を一つのエンターテインメントとして提供する石井の姿勢は、柳澤に大きな示唆を与えたという。また石井が積極的に行っている社会貢献に関して、そのあり方について意見を交わす。



2017年12月5日火曜日

2018年カレンダー決定!!



いつの間にかもう師走ですね、、。

年賀状をはやく仕上げなきゃ、、

ですが、来年のカレンダーはもう決定、購入しました!


まずは毎年定番のコチラ↓









風水がどうのというより、

本当にキレイな写真がいっぱいで、

センスがいいので毎年買ってまーす。














今年は似たようなカレンダーがあり迷いましたが、

↓結局こちらも買っちゃったー!(笑)








どちらかというと、

先のカレンダーよりいい写真がイッパイ!













 


















うーん、元気貰えそう!



そして、毎年、必ず世界自然遺産とか世界の絶景的な写真を

ひとつ買うんですが、今年は純日本の景色、コチラに決まりました↓





























やべ~、美しすぎる、、、

失神しそう。。(笑)

特にこの7月のコイの写真(岐阜のモネの池)に惹かれて決定してしまいましたー、、。

こんな池行ってみたいです。


さて、来年も毎月カレンダーをめくるのが楽しみです。


(*^_^)b





2017年12月4日月曜日

懐かしのフォークソング



この前の土曜日に、近くの行政センターで



懐かしのフォークソング

というタイトルで、


ギター2本とバイオリンによるちょっとしたコンサートがありました。プロによる演奏です。


バイオリンとギターということで、自分たちがやっているバンドと近いものがあり、


どういう曲が演奏されるのか参考にしようと、無料ということもあり出かけてみました。

曲目は当日のプログラムで配られたのですが、歌う曲、歌う曲が、悲しい、寂しい、切ないものばかり、、


どうやら1970年代に青春時代を送っていた方々の為のコンサートのようで、


まわりもご年配の方々ばかりでしたが、それにしても暗い曲ばかり。。

歌われている曲の歌詞に使われている単語の統計をとったら面白いものが見えてくるだろうな、、聞きながら思ったのですが、


それほど悲しい、切ないものばかりです。


70年代のフォークソングといっても、そんな暗いものばかりではないはずです。


なんでこんな寂しい曲ばかりの選曲なんだろう、、

私は第二部の途中から、もうええわ、、と持参したコロボックルの本を読んでいました(笑)。


片耳で曲を聞きなつつ、演奏している人はあまり体調良くないだろうな、、と思っていました。


声に張りがないとか、音に元気がないとかいうのではありません。


それなりに元気よく歌ってますが、おそらく恒常的になんとなく体調が悪いだろうな、不定愁訴のようなものがあるんじゃないかな、、と思いました。

それは、これらの曲を選んだ当人の心が、そのようなさびしい気持ちにいつまでもとらわれ、留まっていると思われたからです。


無数にある歌の中で、チョイスされたのが、過去を振り返って、あのころは良かったけど、もうあのころには戻れない、はかないこの世を嘆いているものばかりです。


そんなことばかりに意識を向け、いつまでもとらわれていたら、心も体も落ち込んで行っちゃうだろうな、、と思ったのです。



太陽は毎日東から昇り、西に沈んでいきます。


その西に沈んでいく太陽ばかりを眺めて、あー寂しい、悲しい、つらい、、と嘆くこともできますが、


一方で、東から昇ってくる太陽に向かって、有り難いな、今日も楽しい一日が頑張るぞー、と元気を貰うこともできます。


要は、この世界のどこに焦点を当てるかで、その人が明るくもなれ、暗くもなれるのです。すべてその人の選択、こころの習慣です。


いま現在、与えられているものを思い浮かべ、有り難い、恵まれている、と感謝して生きていくこともできるし、


常に人と比較し、足りないものを思い浮かべながら、不平と不満の中で愚痴をこぼしながら生きていくこともできます。


すべてその人の心掛け、心の習慣次第です。幸福になるか、不幸になるのか、というのは、まさにここにあるんだろうと思います。本人が毎時選択しているのだと思います。



今回、ここまで見事に悲しみの境地に焦点を当て続けて生きている人がいるんだなぁ、、と妙に感心してしまいました。


また同時に、音楽が人に及ぼす力というものにも尋常ならざるものがあるように思いました。そんなわけで私は途中から音楽から意識をそらしたのです。。


少なくとも自分たちが演奏する曲は、時にしっとりしたものもありながらも、元気の出るような、楽しくなるようなものを心がけていきたいと思いました。



色々なことに気付かせてもらった今回のコンサートには感謝でありました。またこの手のコンサートなどがあったら積極的に聞きにいってみようと思います。


おしまい








2017年11月21日火曜日

広大な宇宙を想像してみる、、、



先日の100分 de 名著は、ラッセルの幸福論第二回で、不幸の原因とそれについての対処法をやっていました。



意外だったのが、あのような知の巨人であっても、講演などの前には

「足でも折れて講演に行けなくなってしまえばいいのに、、」

と思っていたそうです(笑)。

あがり症だったラッセル氏は、人前で話したりするのが得意ではなかったのだそうです。

しかし、自分という存在を宇宙規模で考えてみると、芥子粒みたいな小さな存在で、

自分が講演でしくじろうがなにをしようが、宇宙は悠然と何の支障もなく動いているのです。

そのことに思いを馳せるようにしてから、ラッセル氏はあがり症を克服したのだそうです。

この第二回の不幸の原因、そしてそれに対する対処法はなかなかおもしろかったので、

時間のある時に画面を取り込んでちゃんと取り上げてみたいと思っています。


さて、もう一方、先日見ていたさんまさんの「ホンマでっかTV」で、不幸のどん底に陥った人たちが講師として呼ばれていました。

その中の一人は、私も何かの番組で見たことがある方でした。

40億もの負債を抱えた親の事業を引き継ぎ、結局16年かけて完済した方なのですが、

その方は、宇宙の図録を常に手元に置いて見ることで、心の平静を保てたと仰っていました。


等身大の自分を知る、という言葉がありますが、多かれ少なかれ、人は自分のことをあまりに大きく考えすぎているのかもしれません。

それをしっかりと、宇宙的な視野から見直すことで、何かすっと落ちるところがあるのかもしれません。


私は常々、地球に住む多くの人が、地球外からみた地球の映像を見ることが大切なんじゃないかと思っています。

地球を宇宙から見ることで、その美しさ、稀少さから、

自然と平和や自然環境を守らなければならないという意識が自然に芽生えてくるのではないか、という気がするのです。

ゼロ・グラビティなんて映画は、地上で生きていることのありがたさを痛感させてくれる素晴らしい作品だと思います。


このテクノロジーの発達した時代だからこそ、日常の中で宇宙的な視点を思い起こすことを習慣にしていきたいと思うこの頃です。


参考: